読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どら猫亭日乗

読書や音楽、時評もどき(?)など、なんでもござれのブログです。

名フィル第9演奏会2016

今日は名古屋フィル第9演奏会を聴きに行きました。今年は現役引退を表明した名フィル名誉指揮者のモーシェ・アツモンさんの、最後の演奏会です。

ソプラノ:森谷真理
メゾ・ソプラノ:池田香織
テノール:与儀巧
バリトン山下浩
合唱:愛知県合唱連盟
指揮:モーシェ・アツモン
管弦楽名古屋フィルハーモニー交響楽団


年末に第9を演奏されるようになったのは、戦後になってからで、当時のオーケストラは収入を上げるために(特に年末年始の生活に困らないように)、合唱がついたベートーヴェンのこの大作を演奏するようになった。あれから数年、今年の第9はそれ以上の意味を持った演奏会になる。モーシェ・アツモンさんが、指揮者活動を引退する最後の演奏会である。

今年の第9演奏会は、一味違うものになると、現役引退のニュースを聞いたときから思ったが、本当にそうだった。アツモンさん現役最後の演奏会であって、楽団員も合唱団も、最高の演奏会にしようという熱い気持ちが、演奏を通じて伝わった。これ以上のない、忘れられない名演奏だった。

先週の定期のブラームスの2番も、今回の第9も、アツモンさんの思い入れのある曲として、渾身のタクトを振っていた。アツモンさんの演奏は、今年になって聴きに行くことができた。でも、まだもう少しだけでも指揮を続けてほしい。そう思うのは、みんな同じではないだろうか。
今回のソリストの皆さんも、素晴らしかった。ソプラノの森谷真理さんは、あいちトリエンナーレ魔笛』のパミーナ役も記憶に残っている。メゾ・ソプラノの池田香織さんは、イゾルデ役が話題になっていたので、楽しみにしていた。実にドラマティックで圧倒的な歌唱力!
テノールの与儀巧さんも、バリトン山下浩司さんも、すごくよかった。伸びやかで迫力があった。そして、愛知県合唱連盟の皆さんも素晴らしかった。最高の第9をありがとうございました!
アツモンさん、長い間お疲れ様でした!ありがとうございました!Thank you for maestro Moshe Atzmon!! And maestro Moshe Atzmon&NAGOYA Philharmonic is forever!!

 
f:id:satosuke-428125:20161218095331j:image


f:id:satosuke-428125:20161218095346j:image


f:id:satosuke-428125:20161218095356j:image