読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どら猫亭日乗

読書や音楽、時評もどき(?)など、なんでもござれのブログです。

演奏会アーカイブ:パーヴォ・ヤルヴィ指揮、N響名古屋定期演奏会

 

R.シュトラウス:英雄の生涯&ドン・ファン

R.シュトラウス:英雄の生涯&ドン・ファン

 

 

2015年2月22日、NHK交響楽団名古屋定期演奏会を聴きに行きました。曲目は次のとおり。

R・シュトラウス交響詩ドン・ファン』op.20
モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番ハ長調 K.510
R・シュトラウス交響詩英雄の生涯』op.40

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ピアノ:ピョートル・アンデルジェフスキ
管弦楽NHK交響楽団

はじめてのN響ライヴなので、とてもワクワクしていた。
交響詩ドン・ファン』。イントロからおお~っとなって、鳥肌が立った。かつて「N響アワー』のオープニング曲を、同じオケで聴けるのは、すごい幸せな偶然!パーヴォ・ヤルヴィのキレのいいシャープな指揮に、心地よさを感じる気がした。
モーツァルト・ピアノ協奏曲第25番。アンデルジェフスキは、なめらかで美しい、肩の力を抜いた感じの演奏をしている。派手さはないが、クリアなタッチがモーツァルトにマッチしているといえる。
英雄の生涯』、やっぱりイントロからすごかった。これほど大編成のオケで演奏するのだから、一大スペクタクルである。堂々とした巨大交響詩を指揮したヤルヴィ様、お見事です。
ヤルヴィ×N響の演奏の評判は、TwitterFacebookでかなり絶賛されたり、やや好みじゃないという意見もあるが、個人的には期待してもいいと思う。今後どんな演奏を聴かせてくれるか楽しみというのが、今回の演奏会で確信した。マタチッチ、ブロムシュテットサヴァリッシュデュトワアシュケナージ、プレヴィンなど、名だたる名指揮者に恵まれてきたN響に、新たな名指揮者を迎え、新しい名演奏を披露し続けるだろう。
N響コンマスの篠崎さん、オーボエの茂木さんと池田さん、フルートの神田さんなどと見覚えある団員がいて、本当に嬉しかった。長年N響アワーに親しんだ僕は、このオケの演奏をライヴで聴くのを、密かに願っていた。しかもパーヴォ・ヤルヴィの指揮でというのが、思いがけない僥倖だ。

N響楽団の皆様、ヤルヴィ様、アンデルジェフスキ様、素晴らしい演奏をありがとうございました!また機会があったら、是非。


f:id:satosuke-428125:20170222045740j:image
f:id:satosuke-428125:20170222045750j:image
f:id:satosuke-428125:20170222045759j:image
f:id:satosuke-428125:20170222045810j:image
f:id:satosuke-428125:20170222045816j:image